高齢化社会の昨今、介護の問題はいつ誰に降りかかってきても不思議ではありません。
じゃあ老人ホームにでも入れればいいよね、と簡単に思ってもその手続きは非常に面倒です。
私自身父の介護のため、入所できる施設を探すのには非常に苦労しました。
もちろんいわゆる老人ホーム(特別養護老人施設)に無条件で入る事は出来ません。
まず市役所や区役所などの介護関係の部署(高齢介護課)などに行って介護認定の申請をしなくてはなりません。その認定もすぐ終わるわけではありません。
市役所の職員が実際に介護が必要と思われる人のところへ出向いて実態を調査する認定調査を行い、医師の診察を受けて主治医意見書を書いてもらった後に定期的に行われる認定会議というもので実際の介護度が決められます。
現在の法律では要介護度が2以上ないと特別養護老人施設への入所は出来ません。
介護認定を申請してから受けられる期間はだいたい早くても一ヶ月。遅ければそれ以上にかかります。
しかも首尾よく介護認定を受けたからといって特別養護老人施設に入所できるわけではありません。
今度はその特別養護老人施設に出向いて入所申し込みを行わなくてはなりません。そしてその申し込みを元に入所会議が行われます。
施設に空きがなければこの入所会議自体が行われません。実際私の住んでいる地域ではもう何年も入所者会議を行っていないという施設もあるようです。
当然、一つの施設ではずっと待っているだけの状態になりますので、いくつもの施設に出向いて入所申し込みを行うわけですがこれが大変な手間と労力がかかります。
地域にもよりますがその労力が実を結んでくれる確率も高くありません。
じゃあどうすればいいの?自宅で介護なんてできないよ。という方も多いと思います。
私の場合はまず主治医意見書を書いてもらった病院へ行きました。病院には医療連携センターと呼ばれるものがあるはずです。
そこで、ともかく遠くてもいいから空きのある施設を教えて欲しいと相談しました。
医療連携センターではある程度の情報を持っていますので情報を教えて貰えます。場合によっては連絡先の一覧表を渡されるだけかもしれませんが相談するだけでもしてみた方がいいですよ。
もしも要介護者が入院などしている場合は話が別で、自宅へ帰れる状況でないと判断されれば医療連携センター自体が入所できる施設を探してくれます。
施設への入所申し込み自体はやはり自分自身で行わなくてはなりませんがそれでも独力で施設探しをするよりもかなり楽です。

もしも親の介護が必要になったなら
1介護認定の申請
2介護度が出たら入所できる施設探し
3入所できる施設がわかったらそこへ入所申し込み
という流れですね。

独力での介護は非常に辛いので利用できる公的期間はどんどん出向いて利用しましょう。
相手の方から来る事はほとんどありませんからね。
以上が、看護師派遣高松で働く友人から聞いた話です。今後の参考にいかがでしょうか?